おらが店通信/クサカベ石油

山形県寒河江市/ソーラーガードカーフィルム/省エネガラスフィルム/5年ガラスコーティング/燃料電池エネファーム/マイクロバブル発生装置/日下部一男のブログ

灯油フェア開催のお知らせ 10/28

配達灯油150L以上で現金の方(プリペイドカードは除く)に限り、

thum.jpg

62円/L (税込)で販売いたします。

期間 11月2日~21日まで  日曜・祭日の配達はお休みとさせていただきます。

お電話(0237-86-5585)でのご注文の場合、「灯油フェアー」とお伝えください。

灯油フェアは、寒河江市内限定で翌日配達とさせていただきます。

メールでのご注文はこちら!

酒路 まんてん 10/27

「まんてん」さんにランチを食べに行ってまいりました。

「まんてん」のランチは、5種類。

Aランチは「魚」、Bランチは「肉」、まんてんランチは日替わりメニュー.、オリジナルまんてんスパゲティー、まんてんカレーです。

すべて650円(税込み683円)

今回注文したランチは・・・

Bランチ「煮込みチーズハンバーグ定食」に、

DSC02047.jpg

本日のまんてんランチ「焼きそばめし炒め丼定食」、

DSC02049.jpg

オリジナルまんてんスパゲティー「ナポリタンとミートソース・ワカメスープ・サラダ付き」

DSC02046.jpg

まんてんカレー「ちょっと辛め、目玉焼き・サラダ・みそ汁付き」

DSC02048.jpg

ライス、みそ汁おかわり無料!

コーヒー、紅茶、セルフサービスです。

すべてのランチがボリュームまんてんで、美味しかったです。

まんてん さん、ご馳走様でした。

「灯油フェア」ありがとうございました。 10/26

10月24日をもちまして、「灯油フェア」を終了させていただきました。

thum.jpg

誠にありがとうございました。

近日中に、「ラスト 灯油フェア」を開催したいと思いますので、後日ブログをご覧の皆様にご連絡いたします。

5年コーティング 10/22

天童市I様より、5年コーティングのご注文を賜りました。

DSCF3097.jpg

施工後、あいにく雨が降ってきましたが、

DSCF3098.jpg

ボディは見違えるようにきれいになりました。

DSCF3099.jpg

I様、誠にありがとうございました。

灯油フェアー開催中 10/20

只今、

配達灯油150L以上で現金の方(プリペイドカードは除く)に限り、

thum.jpg

59円/L (税込)にさせていただきます。

期間 10月24日(土)まで  日曜・祭日の配達はお休みとさせていただきます。

お電話(0237-86-5585)でのご注文の場合、「灯油フェアー」とお伝えください。

市内限定・翌日配送させていただきます。

メールでのご注文はこちら!

ソーラーガード チタニウム6 10/15

寒河江市E様より、ソーラーガード チタニウム6のご注文を賜りました。

施工前の写真です。

DSCF3100.jpg

DSCF3101.jpg

DSCF3102.jpg

施工後の写真です。

DSCF3103.jpg

チタニウムの金属の種類は、チタンで”スモークタイプ”です。

チタン配合のため、チタニウム6の場合、ヒートカット率は57%となり、真夏の暑さを防ぎます。

DSCF3104.jpg

特徴は金属がスパッタされているのに反射がなく、完全な目隠しを要求する用途に最適です。

DSCF3105.jpg

また車内からの透明感は、ガラスに溶け込みフィルムを貼っている事すら感じさせません。

E様、誠にありがとうございました。

石油製品価格変更のお知らせ 10/13

※2009年10月13日現在の当店の価格(税込)です。

店頭価格

レギュラー 121円/L
ハイオク  132円/L
軽  油   98円/L
店頭灯油   62円/L
配達灯油   67円/L

会員価格

レギュラー 121円/L
ハイオク  132円/L
軽  油   98円/L
店頭灯油   62円/L
配達灯油   67円/L

1万円券

10,000円÷10,300円分(キャッシュバックも含む)×会員価格

レギュラー 117.5円/L
ハイオク  128.2円/L
軽  油   95.1円/L
店頭灯油   60.2円/L
配達灯油   65.0円/L

太陽光発電&防汚コート 途中経過1 10/07

以前、太陽光発電&防汚コート 実験 を開始しました。

内容は太陽光発電の模型に防汚コート施工有りと無しで発電効率に影響があるかどうか。

そして、1ヶ月過ぎましたので計測しました。

こちらが施工無しです。↓

DSC02041.jpg

施工無しは1Vの表示です。

続いて施工有りです。↓

DSC02042.jpg

なんと、1ヶ月しか経過しておりませんが、針の表示は1.1Vになっております。

汚れ防止による発電効率アップなのでしょうか!?

正直ビックリ!

来月また、ご報告しま~す。

省エネ研修会2 10/05

二日目の午前中は、エネオスの根岸製油所を見学。

DSC02021.jpg

製油所管内を見学し、新たな試みとして原油精製の産物アスファルトを利用して、発電所を建設、その電気を売電しています。

続いて、二日間の中でもメイン研修がこちら!

DSC02022.jpg

創エネハウスとは、わが家でエネルギーを創り、それを消費するという考え方で、家庭におけるCO2排出量の削減に貢献していきます。

玄関側が北側で、

DSC02026.jpg

裏が南側、そして屋根には太陽光発電・太陽温水システム・太陽熱空調システムが設置されております。

DSC02024.jpg

中でも太陽熱空調システムは初めて知りましたが、

fig_summer_house_day.jpg

夏の晴れた日の夜は、放射冷却によって屋根が冷えます。

この放射冷却を利用して、少しでも温度の下がった空気を室内に取り込む「夜間外気取り込み」は、「冷房」とまではいかないものの、自然を活かした工夫です。

fig_winter_house_day.jpg

冬は、屋根に降り注ぐ太陽の熱で空気を温め、それを床下に送り、基礎コンクリートに熱を蓄えます。蓄えた熱は、夕方以降ゆっくりと放熱して建物全体を床から温めます。

DSC02027.jpg

太陽熱空調で作られた冷暖気は上のダクトを通り、基礎の空間に送られます。

そして送られた冷暖気は、基礎の蓄熱材に保温されます。

DSC02028.jpg

蓄熱材は冷気用と暖気用の2種類あり、蓄熱された冷暖気はゆっくりと放熱していきます。

DSC02029.jpg

この効果により、今年の夏は冷房1台で間に合ったそうです。

そこで、建物のQ値(熱損失係数)をお聞きしたところ、1.7w/m2・K とのことで、この数字が小さければ小さいほど断熱性能が優れており、省エネ住宅ということになります。

ちなみにわが家は1.26w/m2・Kで、ボスコホームさんの無暖房住宅は約0.76w/m2・Kだそうです。

次にエネルギーを管理しているのがこちら。

DSC02030.jpg

HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)と呼ばれ、エネルギー機器の運転状況、電気・LPガス・灯油・水道の使用量を表示。

DSC02031.jpg

家庭内エネルギーの監視と省エネ制御を行っています。

その省エネ機器が設置されているのがこちら。

DSC02032.jpg

エネファーム・高効率石油給湯器・高効率ガス給湯器・蓄電システムで、様々なデーターを取るためにたくさんの省エネ機器を設置しているそうです。

この中でもひときわ興味があったのがこちら。

DSC02034.jpg

蓄電システムです。

DSC02033蓄電

バッテリーが13個搭載され、9.4kWhの蓄電池へのHEMSによる充放電制御を行い、深夜のお得な電気を蓄えて昼間に利用します。
上のHEMSにも表示されています。

DSC02036.jpg

様々な省エネ機器を見させていただきましたが、感想として・・・

今後太陽光発電は飛躍的に設置されますが、相性が合理的なのはエコキュート!

逆に、新築や既存建物で太陽光発電を設置しない場合、自家発電(創エネ)ができるエネファームが最適であり、特に既存建物の給湯器や暖房器の取り換えの際が良いと思います。

そして興味があった蓄電システムですが、ただ充放電するだけの目的では合理性に欠け、高価すぎ。

深夜電力を上手く利用しているエコキュートや蓄熱暖房を採用している場合・今後普及するであろう電気自動車の200V深夜充電設備の場合に、本当の効果(組み合わせ)が出てくのではないかと思います。

いずれにせよ、この創エネハウスは上手なエネルギーの利用法(組み合わせ)を実験しておりますので、今後のデーターにとても興味がわいております。

省エネ研修会 10/03

10月1・2日と東京・横浜に研修に行ってまいりました。

最新の省エネ機器の凄さをひしひしと体感!

最初に東京ガスさんにお伺いし、水素ステーションを研修。

DSC02019.jpg

近い将来、水素を燃料とした燃料電池自動車の充填基地見本となります。

そして、こちらが燃料電池自動車で、現在1台1億円以上だそうです。

DSC02015.jpg

DSC02017.jpg

ナンバーを見ると・・・

粋な計らいで、8341(やさしい)とのこと。

その後実車をしましたが、モーターで動く燃料電池はとても静かで、加速が凄い!

ガソリン車よりもトルクがあるため、アクセルを踏むとシートに押しつけられる感じです。

続いて、ガスコンロとIHコンロの比較です。

フライパンに油を大さじ一杯入れ、加熱します。

ガスコンロは温度センサーで、油の自然発火はしませんでしたが・・・

DSC02020.jpg

IHコンロでは、自然発火しました。

あまりにも過激な行為ですので、あえて写真は掲載しません。

最新のIHコンロは温度センサーが装備なっているものもありますが、上の写真のIHコンロは昨年発売されたコンロを使用しております。

またサーモグラフを利用しながら、もやしを油炒めしましたが、IHコンロは火力が不安定でもやしの水分がたくさん出ておりました。

やはり、おいしい料理を作るのであれば、ガスコンロに軍配があがります。

続く

 | HOME | 

プロフィール

kusakabeoil

Author:kusakabeoil

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

最近の記事+コメント

カレンダー(月別)

09 ≪│2009/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バロメーター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード