おらが店通信/クサカベ石油

山形県寒河江市/ソーラーガードカーフィルム/省エネガラスフィルム/5年ガラスコーティング/燃料電池エネファーム/マイクロバブル発生装置/日下部一男のブログ

雨水活用 03/14

昨日の山新に掲載されていました。

1977268_599838223428006_1422074853_n.jpg

知人が関わっており、当店でもプロパンガスでお世話になっております(^_^)

 06/20

だいぶ日差しも強くなり、気温も上がってきた。

963741_474616872616809_1930131120_o.jpg

そこで毎年恒例のすだれを設置!

これでかなり室温の上昇を抑えてくれるECOグッズなんです(^o^)

エネルギーセミナー 01/14

1月13日に寒河江中央工業団地主催のセミナーが開催されました。

IMG_0958.jpg

「東日本大震災後の電気事業の現状と課題」のテーマで、東北電力㈱天童営業所 所長 伊藤 裕 様からご後援頂きました。

意外に知られていない事として、仙台火力・新仙台火力・相馬共同火力・原町火力・常磐共同火力が震災により停止しているそうで、当然東北電力管内は電力が足りないようです。

これからも節電に努めなければ!

省エネ研修会2 10/05

二日目の午前中は、エネオスの根岸製油所を見学。

DSC02021.jpg

製油所管内を見学し、新たな試みとして原油精製の産物アスファルトを利用して、発電所を建設、その電気を売電しています。

続いて、二日間の中でもメイン研修がこちら!

DSC02022.jpg

創エネハウスとは、わが家でエネルギーを創り、それを消費するという考え方で、家庭におけるCO2排出量の削減に貢献していきます。

玄関側が北側で、

DSC02026.jpg

裏が南側、そして屋根には太陽光発電・太陽温水システム・太陽熱空調システムが設置されております。

DSC02024.jpg

中でも太陽熱空調システムは初めて知りましたが、

fig_summer_house_day.jpg

夏の晴れた日の夜は、放射冷却によって屋根が冷えます。

この放射冷却を利用して、少しでも温度の下がった空気を室内に取り込む「夜間外気取り込み」は、「冷房」とまではいかないものの、自然を活かした工夫です。

fig_winter_house_day.jpg

冬は、屋根に降り注ぐ太陽の熱で空気を温め、それを床下に送り、基礎コンクリートに熱を蓄えます。蓄えた熱は、夕方以降ゆっくりと放熱して建物全体を床から温めます。

DSC02027.jpg

太陽熱空調で作られた冷暖気は上のダクトを通り、基礎の空間に送られます。

そして送られた冷暖気は、基礎の蓄熱材に保温されます。

DSC02028.jpg

蓄熱材は冷気用と暖気用の2種類あり、蓄熱された冷暖気はゆっくりと放熱していきます。

DSC02029.jpg

この効果により、今年の夏は冷房1台で間に合ったそうです。

そこで、建物のQ値(熱損失係数)をお聞きしたところ、1.7w/m2・K とのことで、この数字が小さければ小さいほど断熱性能が優れており、省エネ住宅ということになります。

ちなみにわが家は1.26w/m2・Kで、ボスコホームさんの無暖房住宅は約0.76w/m2・Kだそうです。

次にエネルギーを管理しているのがこちら。

DSC02030.jpg

HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)と呼ばれ、エネルギー機器の運転状況、電気・LPガス・灯油・水道の使用量を表示。

DSC02031.jpg

家庭内エネルギーの監視と省エネ制御を行っています。

その省エネ機器が設置されているのがこちら。

DSC02032.jpg

エネファーム・高効率石油給湯器・高効率ガス給湯器・蓄電システムで、様々なデーターを取るためにたくさんの省エネ機器を設置しているそうです。

この中でもひときわ興味があったのがこちら。

DSC02034.jpg

蓄電システムです。

DSC02033蓄電

バッテリーが13個搭載され、9.4kWhの蓄電池へのHEMSによる充放電制御を行い、深夜のお得な電気を蓄えて昼間に利用します。
上のHEMSにも表示されています。

DSC02036.jpg

様々な省エネ機器を見させていただきましたが、感想として・・・

今後太陽光発電は飛躍的に設置されますが、相性が合理的なのはエコキュート!

逆に、新築や既存建物で太陽光発電を設置しない場合、自家発電(創エネ)ができるエネファームが最適であり、特に既存建物の給湯器や暖房器の取り換えの際が良いと思います。

そして興味があった蓄電システムですが、ただ充放電するだけの目的では合理性に欠け、高価すぎ。

深夜電力を上手く利用しているエコキュートや蓄熱暖房を採用している場合・今後普及するであろう電気自動車の200V深夜充電設備の場合に、本当の効果(組み合わせ)が出てくのではないかと思います。

いずれにせよ、この創エネハウスは上手なエネルギーの利用法(組み合わせ)を実験しておりますので、今後のデーターにとても興味がわいております。

省エネ研修会 10/03

10月1・2日と東京・横浜に研修に行ってまいりました。

最新の省エネ機器の凄さをひしひしと体感!

最初に東京ガスさんにお伺いし、水素ステーションを研修。

DSC02019.jpg

近い将来、水素を燃料とした燃料電池自動車の充填基地見本となります。

そして、こちらが燃料電池自動車で、現在1台1億円以上だそうです。

DSC02015.jpg

DSC02017.jpg

ナンバーを見ると・・・

粋な計らいで、8341(やさしい)とのこと。

その後実車をしましたが、モーターで動く燃料電池はとても静かで、加速が凄い!

ガソリン車よりもトルクがあるため、アクセルを踏むとシートに押しつけられる感じです。

続いて、ガスコンロとIHコンロの比較です。

フライパンに油を大さじ一杯入れ、加熱します。

ガスコンロは温度センサーで、油の自然発火はしませんでしたが・・・

DSC02020.jpg

IHコンロでは、自然発火しました。

あまりにも過激な行為ですので、あえて写真は掲載しません。

最新のIHコンロは温度センサーが装備なっているものもありますが、上の写真のIHコンロは昨年発売されたコンロを使用しております。

またサーモグラフを利用しながら、もやしを油炒めしましたが、IHコンロは火力が不安定でもやしの水分がたくさん出ておりました。

やはり、おいしい料理を作るのであれば、ガスコンロに軍配があがります。

続く

住宅リフォームフェア in 山形 09/05

今日・明日と住宅リフォームフェアがビッグウイングで行われております。

当社も村山地域地球温暖化対策協議会にお世話になり、省エネガラスコートの展示で、急きょ出店するようになりました。

私たちのブースです。

DSC01971.jpg

たくさんの業者さんが展示しております。

DSC01972.jpg

あれ・・・どっかでみたような畳屋さんもいます。

DSC01975.jpg

今回の展示会では、省エネ関係の商品もたくさん!

DSC01973.jpg

中でも人気なのが、やっぱり太陽光発電。

DSC01974.jpg

そして、圧巻だったのがこれ!

DSC01978.jpg

会場中心に家が建てられていました。

ん~、スゴ過ぎ!

それでは、明日も頑張りま~す。

暮らしECOECOフェア 08/03

8月2日(日)、大沼建築さんで「暮らしECOECOフェア」が開催されました。

DSC01625.jpg

今回、私どもの省エネガラスコートも展示させていただきました。

DSC01622.jpg

各ブースにも、省エネの商品がたくさん展示されております。

中でも人気だったのが・・・

DSC01626.jpg

包丁研ぎです。

たくさんの方がマイ包丁を持参し、切れ味鋭い包丁に変身です。

DSC01623.jpg

友人のSさんも奮闘中!

DSC01627.jpg

ご来店された子ども達も、大きなシャボン玉を作りながら、とても喜んでいました。

小型版燃料電池システム 09/14

こんにちは。

以前、燃料電池自動車をご報告しましたが、今回は小型版燃料電池システム (昼間は太陽電池を使い、夜は燃料電池を使って発電!) を購入しましたので、ご報告いたします。

DSC00776.jpg

こちらが一式セットです。

DSC00777.jpg

最初に、太陽電池です。

DSC00778.jpg

続いて、電気分解装置 (水素プラント&タンク) です。

DSC00780.jpg

お次に、燃料電池です。

DSC00781.jpg

最後に、プロペラモーターです。

それでは、実験開始!

残念ながら雨が降っており、ライトを利用して太陽光発電を行いました。

DSC00783.jpg

電気分解装置 (水素プラント&タンク) に水を入れ、太陽電池を使って水を分解して水素を作ります。

写真真ん中のところから、まさに今水素が発生しようとしています。

DSC00797.jpg

そして、燃料電池で水素と酸素を化学反応させて発電し、プロペラモーターが回っています。

排出物は水です。

このシステムは、一見太陽電池の電力で燃料電池を動かしているように思いがちですが、実際には、太陽電池と燃料電池の利点と欠点を補っている状態を表しています。

太陽電池での電力は、光がないと安定して得られず、また、バッテリーに充電する方法だとバッテリーの重さなどが汎用的でないため常に電力を得るのに不向きです。

そこで、その電力を水素に変換し、電気分解装置 (水素プラント&タンク) に貯えます。

要はバッテリーの代わりに水素タンクを利用していると考えていただいて結構です。

貯えた水素は、燃料電池で発電します。

このサイクルを利用したエネルギーは、環境にとてもクリーンで、埋蔵量 (太陽光と水) も無限です!

夢のバイオ水素 09/05

以前、未来の水素社会のブログを書きました。

TBS番組の「夢の扉~next door」で放映され、内容は・・・

大量のCO2排出によって引き起こされた地球温暖化。

自動車からの排気ガスは最大の要因と言われています。

そこで、国内外の自動車メーカーはCO2を排出しないクリーンで新しいエネルギーとして水素に注目しています。

水素を燃料とする燃料電池自動車の開発が急ピッチで進んでいるのです。

そんな中、東京・玉川大学工学部の教授である小原宏之先生も学生たちと共に開発に取り組んでいます。

小原先生が開発を進める自動車は、当然、水素のみの力で車を動かそうと言うもの。

しかもその水素をバクテリアの力を借りて作り出そうというものなのです。

しかし、その開発の過程で様々な予期せぬ問題が起こります。

そんな小原先生と生徒たちの7ヶ月間に密着しました。


2008年8月24日放送 「夢の扉~next door」 HP掲載

この放送を見て、迷わず小原教授にメールでご連絡をしました。

そして昨日、小原教授より返信のメールをいただきました。

東京に来る際は、ぜひ連絡下さいとのことです。

超感激!

近々、小原教授のところにお伺いして、バイオ水素を直に見てきたいと思います。

燃料電池 模型自動車 09/02

こんにちは。

先日、燃料電池自動車をお借りできましたので、ご披露します。

DSC00740.jpg

これが、一式セットです。

DSC00741.jpg

まずは、モーターで動く電気自動車です。

DSC00743.jpg

つづいて、太陽光発電です。

DSC00744.jpg

こちらが燃料電池を搭載したシリンダーです。

今回は太陽光発電を利用し、燃料電池シリンダーに真水を入れて電気分解、そして水素と酸素を発生させます。

DSC00745.jpg

真水(蒸留水)です。

それでは、実験開始!

DSC00746.jpg

最初に、シリンダーに真水を入れ、蓋をします。

DSC00747.jpg

シリンダーを逆さにし、太陽光発電を燃料電池につなげます。

真水はまだセットした状態で、下のシリンダーにあります。

DSC00748.jpg

電気分解を始めると、下のシリンダーに水素と酸素が発生し、水は上のシリンダーに移動していきます。

DSC00749.jpg

5分経過。

左下シリンダーに水素が溜まり、右下シリンダーに酸素が溜まります。

やはり、気体の量は水素2対酸素1です。

水は気体の圧力で、上のシリンダーに移動します。

DSC00753.jpg

そして水素の入った燃料電池シリンダーを電気自動車に搭載します。

今度は、逆パターンの水素と酸素を化学反応させ発電させます。

DSC00751.jpg

見事にムービング~

DSC00754.jpg

モーターを回していると、シリンダーにある水素が徐々に減っていき、上のシリンダーにある水が下のシリンダーに移動してきます。

DSC00755.jpg

これで約半分!

DSC00760.jpg

もうそろそろ無くなります。

化学反応して発電した排出物は水ですので、ほぼ最初にシリンダーに水を入れた状態に戻ります。

約5分間モーターは動き続けました。

スゴイ!!!



 | HOME |  »

プロフィール

kusakabeoil

Author:kusakabeoil

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

最近の記事+コメント

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

バロメーター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード


FC2Ad